OLD HOUSE LOG HOUSE/ 古民家ログハウス

古民家の美しさと現代の快適性を兼ね備える家

日本の郷愁、伝統の古民家をログハウスで再現

ログハウスというと、どうしても輸入住宅というイメージが強いですが、実は日本には古くから丸太小屋(ログハウス)の伝統があったのをご存知ですか?正倉院の校倉造り(あぜくらづくり)、角材を組んだ構造の井籠倉(せいろうぐら)というものが有名です。古民家ログハウスシリーズは「ログハウス」×「古民家」×「国産材」をコンセプトに日本の伝統と現代の快適性を融合させた日本人の為のログハウスです。

古き良き日本の伝統を継承した家

昔の家には、今の日本の家には無い「素晴らしい伝統」と「日本らしさ」が詰め込まれています。土間や格子、石(大谷石)、障子や襖、畳、漆喰壁など・・・。そして、現代の家には「快適に暮らせる設備」と「安全性」があります。古民家ログハウスシリーズは、昔の家と現代の家の良いところを融合したログハウス。古き良き日本の伝統を継承した空間を再現しています。

プラン例

[古民家ログ] 八咫烏(やたがらす) - もう1つの提案

[古民家ログ] 八咫烏(やたがらす) - もう1つの提案

古民家ログの原型モデル

古民家×国産材×ログハウス。 現代生活の癒し、団塊世代への鎮魂、 懐かしい田舎暮らしのノスタルジーなど。
日本の良き伝統を継承した新感覚ログハウス。 八咫烏で時空はゆっくりと流れます。

MODEL DATE
□1F床面積:73.32m2 (22.17坪)
□通り土間面積:7.42m2 (2.24坪)

□ベランダ面積:18.52m2 (5.60坪)
□勝手口デッキ面積:3.04m2 (0.91坪)

□建築面積:93.66m2 (28.33坪)
□総床面積:102.30m2 (30.94坪)
古民家ログハウスのデザインプランをお送りします。カタログをご請求下さい。

熊野檜 純和風(国産材仕様)ログハウス

木の国と呼ばれる紀州和歌山。世界遺産で有名な熊野古道に生育する熊野檜は色目の淡い黄白色で、心材は淡い黄褐色や淡い紅色。
節目が美しく独特の良い香りが特徴的な木材で、美しい木目とやわらかな木肌を活かし、ログ壁はもちろん、化粧材に至るまで、あらゆる部材として活かされます。熊野檜は加工性にも優れ、ねばり強く圧縮強度は一般檜の1.5倍です。

「粘り強さが抜群」紀州育ちの熊野檜

耐久・耐火・耐震性にも優れる熊野檜は「強度・耐久性」に優れた材で、なかでも「粘り強さ」に定評があります。試験研究も行われ、その結果を数値化し、優れた強度が証明されています。さらに耐火についても、表面が炭化するだけで、中まで燃えることはありません。

年輪が詰まった木肌の美しさ

台風の通り道と知られる紀伊半島。その急峻な山肌に植林された木々は、温暖多雨な恵まれた自然環境で育ちます。山職人たちの細やかな手入れで50年以上かけて大樹となり、年輪が細かく詰まった美しい木肌をつくりだします。目込みの良さや素直な木すじも特徴の一つです。

古民家ログハウスのこだわり 古民家の美しさと現代の快適性を兼ね備える家

古き日本の玄関まわり

日本の伝統的な民家に使用されていた通り土間は、出入りに便利な住空間となるうえ、お客様を対応する空間としても利用できます。

オリジナル台形キッチン

フラット対面キッチン+食器棚。デザインされた変形キッチンとカウンター、ダイニングに一体感を出しています。オプションの食器棚もオーダーメイドで造り付けられます。

銀黒の屋根瓦

江戸時代から、日本瓦の3大産地として知られる三州の瓦。銀黒の三州瓦は耐久性にすぐれ、3寸勾配の屋根形状に対応した防災瓦です。大きな地震や台風の際も瓦が落ちにくい構造となっています。

伝統的な漆喰塗り壁

ログ壁以外の部分は、防水性や調湿機能に優れた漆喰塗りを採用。

重厚カバーボード

カバーボードスライドタイプのピラーカバーは重厚で洗練されたデザインに。

家の壁である玄関

落ち着いた雰囲気の装飾玄関。その周りには丁寧に彫り込みをした重厚感のある額縁のデザインが施されています。

開放感のある玄関と土間

高い天井と明かり取り窓。漆喰壁と障子、格子が明るく開放的な玄関を演出しています。

計算された光の道

高い所に位置する窓は外の光を有効的に取り入れます。格子を通してその光を室内へと導きます。

オリジナル木製下駄箱

古民家ログハウスシリーズに標準装備の木製下駄箱。古民家特有の低く長いデザインは使い勝手も抜群です。

快適な室内空間(LDK)

勾配天井にすることで、圧迫感のない広々空間に。こげ茶のログ壁と白の漆喰壁はコントラストの美しさとともに、調湿性にも優れいています。

ふすま

障子と共に日本家屋に必要不可欠なふすま。室内にさりげない「和」の雰囲気を漂わせます。

にじり口

茶室の風情を再現したにじり口は玄関と和室をつなぎます。

格子戸

日本家屋独特の「ほの暗さの美」を演出してくれます。

ヨシズ貼り天井

白漆喰と茶色のログ壁に映えるヨシズ貼りの天井は和の雰囲気が際立ちます。

板戸

奈良、法隆寺の時代から使われている板戸は、日本の伝統と文化を感じられる扉です。

木製洗面台

オリジナルの洗面化粧台はデザイン性と機能性を兼ね備えた造りに。格子で囲んだ照明も標準装備となっています。

浴室(信楽焼浴槽/花岡岩・桧板張り)

直径1,100mmという広々とした浴槽は、外見とは異なり保温性に優れ、さらにフルオート給湯器に対応しています。追い炊きや自動お湯貼りなど通常の浴槽の最新機能に備えています。

閉じる